×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


■聖ボトルフス教会〜ペチコート・レーン〜リヴァプール・ストリート駅■


 聖ボトルフス教会は、シティとイーストエンドが出会うオールドゲートの広い交差点の中心に、昔と同じ姿で建っていた。長年イーストエンドの煤煙と排気ガスを被り続けてきた石は、相変わらず黒ずんだ灰色だった。…聖堂の玄関が面しているホワイトチャペル・ロードは、日曜は車の代わりにゴミが舞っている。ジャックにとっては十年一日の光景だった。昔と変わったのは、かつて地下鉄駅の向こうの角にあったアーチャーのカメラ屋が消えたことぐらいだ。
 ジャックは、そのホワイトチャペル・ロードをはさんで、聖堂の玄関の斜め向かいにあるバス停脇に、ウォッカのボトル持参で座り込んでいた。…
 午前十時五分前、ホワイト・チャペルロードを東の方向から飄々と歩いてくる人物がジャックの視界に入った。…ステップニー・グリーンのダンスタン・ハウスから歩いてきたのなら、半時間はかかったはずだが、タクシーを拾うことなど初めから念頭になく、少しは身嗜みを構おうという発想もなく、その辺に散歩に出るときと同じ調子で出かけてきたのだろう。

 (高村薫 『リヴィエラを撃て』より)


【アクセス】
地下鉄Circle/Metropolitan LineのAldgate駅下車すぐ。

さぁ、いよいよリヴィエラ最大の山場、聖ボトルフス教会とペチコートレーンです。
ここもほぼ小説に描かれているとおりでした(袋小路の数とかは全然ちがうけど)。
ほとんどガラクタ市。
飛び交う言葉はコックニー(ロンドン下町なまり)。
カムデンロックやポートベローのマーケットと比べても、段違いの下町っぽさです。
観光として行くにはあまり魅力的ではありませんが(欲しいものが何もない・・・)、リヴィエラ気分は存分に味わえます。
シンクレアが買ったようなブリキの人形も売っていましたよ^^
道が狭く、すごい人混みなのでスリに注意!

★Google Map→「St Botolphs Church, london


St. Botolph's ChutchとWhite Chapel Road
聖ボトルフス教会は、地下鉄オールドゲート駅を出てすぐ右手。
目の前を走るホワイトチャペル・ロードは、このまま東(写真の奥側)へ進むとやがて名前がマイルエンド・ロードに変わります。ステップニー・グリーンからここまでは2.5kmほど。

ジャックが座り込んでいた「聖堂の玄関の斜め向かいにあるバス停」
SUBWAY右側の、赤丸に横棒のマークがバス停です。
しかしSUBWAYか…、ジャックと全く似合いませんね(笑)当時はなかったんだろうなぁ。

「黒ずんだ灰色」の教会の壁
うん、たしかに……。

教会すぐ真裏から北へ伸びているのが、ミドルセックス通り(Middlesex Street)です。

 ジャックは、ミドルセックス通りと交差している路地の一つにいた。…ほんの十数分前、ここまで逃げてきて石壁を背に路傍に座り込み、両膝を抱えて頭を垂れたら、もうしばらく動けないような脱力感にとらわれて、ジャックは座り続けていた。

降っては止む細かい雨が路地に並ぶ露店の群れを包み、濡れたビニールの屋根やパラソルの色だけが鮮やかに光っていた。人手は冬の季節にしては多く、西ベルファストのマーケットをそのまま移したような安物のがらくたを見て歩く人の波が、賑やかな葬列のようだった。

ミドルセックス・ストリートにある標識。
左:Aldgate Station
右:Liverpool Street Station


ビショップスゲートの突当りまで、約四百ヤード。建物の並び方のせいで、わずかに蛇行しているように見える狭い通りは、両側の道端を埋める露店の屋根やパラソルで、ほとんど見通しはきかなかった。

そしてジャックは「ノーマン!」と叫ぶわけです。うぅ、切ない…(T T)

ビショップスゲート(Bishopsgate)
ここから北に少し入ったところがLiverpool Street駅。

リヴァプール・ストリート駅前のリヴァプール・ストリート通り

Liverpool Street駅

それより半時間前の午前八時半。
リヴァプール・ストリート駅構内のカフェテリアで、キム・バーキンは紙コップのコーヒーを啜り、湿ったデーニッシュを齧っていた。M・Gは両手をダスター・コートのポケットに入れ、間違って紛れ込んだような居心地の悪い顔で、ベンチに浅く腰を下ろしていた。…M・Gは、リヴァプールストリート駅前のビショップスゲートから、オールドゲートに至る地域の、詳細な地図のコピーをキムの膝に置いた。

外観とは異なり、とっても明るく綺麗な駅構内。
1990年代始めに大改装されたためで、それまでは「dark, dilapidated and dank(暗く、荒れ果てた、じめじめした)」な駅だったらしいです(by Wikipedia)。
ちなみにジャックは、ペチコートレーンから逃げてワッピングの空き地へ行った後、この駅で男に誘われて50ポンド貰いそのお金で酒を飲んだとのこと。






「リヴィエラを撃て」の舞台を訪ねて