ピーターパンの舞台を訪ねて





"But who is he, my pet?"
"He is Peter Pan, you know, mother."

(『Peter and Wendy』 J.M.Barrie)




【コース】
ケンジントン・ガーデン〜ピーターパン像〜J.M.バリーの家(100 Bayswater)〜ウェンディの家〜ロンドン・アイ
★おまけ:J.M.バリーの家(133 Gloucester Rd)

イギリスといえば、ファンジー。
ハリー・ポッター、指輪物語、不思議の国のアリス、くまのプーさんとあげればきりがなく、ロンドンからちょっと足を伸ばせば今も変わらない景色に出会うことができるのです。

今回は、ロンドンが舞台のこのお話。
『ピーターパン』。
ピーターパンとティンカーベルの棲み処はロンドン中心部にある広大な公園、ケンジントン・ガーデン。
ウェンディ一達が住んでいるのは、ケンジントンガーデンから少し北へ入ったノッティングヒルの住宅街。
半日もあれば、見どころは殆ど周れてしまいます。




ケンジントン・ガーデンのピーターパン像

まずは地下鉄Central LineのLancaster Gate駅で下車。
駅前のBayswater Rdを渡ってすぐ(駅出口から見て右手前方)にケンジントン・ガーデンの入口がありますので、そこから園内に入ります。
池を左手に見ながら(多少木々を挟みますが)池沿いの道を行けば、すぐに右手にピーターパン像が見えます。

★Google Map→「Peter Pan Statue, Kensington Gardens

Kensington Gardens

ジョニーデップ主演の映画『ネバーランド』も、この公園で撮影されました。
現地情報誌によるとバリーとマイケルが出会うシーンが撮影されたベンチは、
「Lancaster Gate側から園内に入り、Lancaster Walkを直進。彫刻家ジョージ・フレデリック・ワッツによる『フィジカル・エナジー』という勇ましい騎馬像の手前にある右手のベンチ」
とのこと。ご興味のある方は探してみてくださいね。
ちなみに上の写真は、ただのベンチです(笑)

J.M.Barrieの家

再びBayswater Rdに戻り、てくてくと西(Notting Hill方面)へ400mほど進みます。
通りの右手、Leinster Terraceの角にある薄茶色の家が、J.M.Barrieの家です。
住所はBayswater Road 31番地。
ちなみにロンドンにはバリーの住んだ家が3つありますが、ネット情報によると年代は下記のとおりのようです。

1897〜1902年 133 Gloucester Rd
1902〜1909年 100 Bayswater Rd
1909〜24 June 1917 The 3rd floor, Adelphi Terrace

〜最期 The Top floor, ,Adelphi Terrace

J.M.Barrieの住居であったことを示すブループラーク

★Google Map→「100 Bayswater Rd, london

Bayswater Road(西方面を望む)
左側がケンジントン・ガーデンで、右手の薄茶の建物がバリーの家。

次は、ウェンディの家を目指します。

バリーの家からBayswater RdをそのままNotting Hill Gate駅まで歩きます(結構距離がありますので、疲れた方は途中のQueensway駅からひと駅tubeに乗りましょう)。
Notting Hill Gate駅を通り過ぎてすぐの交差点を右折。
ポートベローマーケットで有名なPortbello Rdまでは行かず、その手前のKensington Park Roadに入ります。

「Kensington Park Gardens」の標識

Kensington Park Roadの緩い上り坂を300mほど進み、3つ目の角を左折したところがKensington Park Gardens。
その丁度中間あたり、向かって右手の31番地が、ウェンディの家のモデルとなったデイヴィス家です。

★Google Map→「31 Kensington Park Gardens

Kensington Park Gardens通り

雑雑としたポートベローマーケットから一本奥に入っただけとは思えない、とても素敵な一画です。

ウェンディの家(デイヴィス家)

緑色のドアの家がそれ。
この屋根裏部屋の小窓から、ピーター達はネバーランドへと飛び立ったのですね^^

Kensington Park Gardensの、人なつこいニャンコ^^

夕暮れ時のケンジントン・ガーデン

これから先はピーター達の時間。


ロンドン・アイ

ピーターパン巡りの一日の締めくくりは、やっぱりこれ♪
ピーターやウェンディの気分になって、上空からロンドンの夜景を眺めましょう。
その美しさは、高いお金を払うだけの価値はあります。
このページのトップの写真も、ロンドン・アイから撮影したもの。

J.M.Barrieの家@133 Gloucester Rd

こちらはGloucester Rdのバリーの家。
私は行ったことがないので、ネットから拝借した写真です。素敵なお屋敷ですね〜。サウスケンジントン周辺にはこういう素敵な家が多くてうっとりしちゃいます。住んでみたいなぁ。絶対に無理ですけどね。
ここのお宅、2008年に売りに出たのですよ。そのお値段、なんと
£6.7 million
一体どんな人が買うんだろ。。。

★「ピーターパンの家が売りに出た!」の記事→()(
★Google Map→「133 Gloucester Rd, london



ロンドン文学散歩  風薫る道top